Stareatphenix -一ノ瀬芳葵-

小説を書いたり、読書をしたり、写真を撮ったり、ゲームをしたりします。電子書籍を「ハイブリッドライブラリー」さまより出版させていただいております。Amazonからご購入いただけます。よろしくお願いします。

『私たちのバイクの旅と、ささやかながら与えられた救いについて』をめぐるインタビュー 第二弾「イラストレーター じゅりさん」

まだ社会保険の手続きです。明日で終わりにするぞー!

 

というわけで、『私たちのバイクの旅と、ささやかながら与えられた救いについて』発売企画、第二弾です。前回は編集の弥生さんにお話を伺い、作品の中身についての紹介をしてきました。

 

今回は『私たちのバイクの旅と、ささやかながら与えられた救いについて』に大いなる力を加えて下さっているヴィジュアル面について特集します。

 

本日は、今作に表紙と挿絵で参加して下さったじゅりさんに話をお聞きします。じゅりさんはアメリカで活躍されているイラストレーターさんで……どういう方なのかを知るにはご本人のサイトを覗いた方が早い!

f:id:ichinoseyoshiki:20151023233120g:plain

 

アメコミを中心にお仕事をされているようですね。神々しい絵ばかりが並んでいてアーティスティックです。補足致しますと、じゅりさんは初期より合同誌「hybrid」に参加されており、毎回味のある作品の挿絵を担当されておりました。そして、Hybrid4のワールドでは表紙も描かれております。弥生さんの主宰された艦これ合同誌『私の艦これ』では、私の『武蔵』という作品に素敵な武蔵さんを描いていただきました。そして、今回も是非お力をお借りしたいと思い、本作のイラストを担当していただくことになりました。大変お世話になりました。

 

それではインタビュースタートです。
よろしくお願いします。
(敬称略です)

 

イメージを描き「寄せて」こられる力

 

一ノ瀬「振り返ってみるといつもですけれど、じゅりさんに初稿をお渡しした段階で特にこちらは明確な『これが!』という指定をこちらは出さないのですが、こういうスケッチ

 

f:id:ichinoseyoshiki:20151023235646j:plain

 

をいきなり描いて下さるんですよね。しかも、これが全て私のイメージした通りのものになっているのですが、じゅりさんは超能力が使えるのでしょうか?」

 

 

じゅり「イメージ通りだったのならよかったです~! 超能力、使えたらいいですね……。私は自分の頭の中にあるものですら思い通りに描けないまだまだな絵描きなので、一ノ瀬さんの描写のお力だと思います。

 

『武蔵』の時も感じたのですが、一ノ瀬さんの描く人物は 過去も未来も地続きで『そこにいる』存在感がありますね。菜津美ちゃんが『今時手紙とかないわー』とぼやきながら、そこそこまめに加菜さんと文通して、興味はちょっとあるけど自分ではなかなか手を出せなかったお化粧品を 大学入学祝いにもらう所まで想像できます!!笑」

 


一ノ瀬「ありがとうございます。しかし、何ですかその後日談! 読みたい! 面白そう……。そうか、私が描けば良いのか。と、イラストレーターの方とこれまでも色々とやり取りをさせていただきましたが、じゅりさんには本文をしっかりと読んで頂いているなと感じることが多いです。小説はお好きなのでしょうか?」

 


じゅり「読書はジャンルを問わず好きです。小説は一番好きなエンターテイメント媒体かもしれません。日本にいた頃は毎月数冊購入していたのに加えて、3つの図書館を週替りで巡回していました笑 一度読み出すと色んな事を放り出して読みふけってしまうので、今はKindleで仕事の資料を読む程度です。老後にまた沢山本を読みたい!!」

 


一ノ瀬「それはそれは、凄まじい読書好きさんですね……。私も週に1冊読むか読まないかですが、読書は映画の次に好きです。私は老後、映画を堪能します。それでは、『私たちのバイクの旅と、ささやかながら与えられた救いについて』を初めて読まれた時、どのようなことを感じられましたでしょうか?」

 


じゅり「最初から最後まで コーヒーのいいにおいがするお話ですね笑 このお話は震災という舞台装置も大事ですが、芯は菜津美ちゃんという女子高生の人生についてだと受け取りました。私自身も菜津美ちゃんのような擦れた女子高生だった事や、彼女とおばあちゃんとの関係に加え、(私の場合 仲がよかったのは祖父で、距離があったのは祖母でしたが)丁度お話を頂いた頃に祖母がなくなり、私も彼女が山のように遺していった祖父との古い写真を色々眺めた後だったので、ずっと共感しながら読みました。

 

なぜ私がアメリカに来たのか、なぜ今こうして絵を描いていられるのか、人生の分岐点を思い出させてくれて、 個人的な思い入れも一杯ある作品です。」

 


一ノ瀬「それは光栄です。そんな風に仰っていただけると、とんでもないものを書いたなあという気分になります。私も一昨年祖父を亡くしまして、それこそ『一生分なのか?』ってくらいの写真が出てきました。一枚一枚目を通し、その時に色々考えたことがこの作品にもにじみ出ている気がします。

 

さて、表紙の話題に移りますが、じゅりさんは常に複数案を用意してラフを描いて下さりますよね。それぞれにちゃんとした意図が込められており、どれにも妥協の線は無いように思われます。こうした複数の案を出す時には、やはり『本命』を決めておられるのでしょうか?」

 


じゅり「どの案もいわば『種』の状態なので本命といえるほど肩入れする案はないのですが、この案は描き易い、この案は面倒くさい、この案は技術的に得意ではない、というような差はあります。自分が編集だったら このお話ではこの絵を選ばない、という案も勿論あるのですが、そういうものは大体自分一人ではできなかった表現に辿り着けるので、選んで貰えるとありがたいです。はいぶらりーのようなインディー形態だと、作者さんが何を求めているか直接の声を聞けるのでうれしいですね(ちなみに本業では最低10案くらい出すところからスタートします。アメリカでは多分、ポピュラーなやり方だと思います。)」

 

ドラマを支配する色を選ぶ

 

f:id:ichinoseyoshiki:20151023235845j:plain

 

 

一ノ瀬「表紙ラフはこれを選ばせていただきました。かなり贅沢な選択だったと思っております。さて、この画面は本文のどういう雰囲気をすくい取って作られたものなのでしょうか?」

 


じゅり「北国の厳しい冬の冷気の中を旅して、朝日にたどりついた二人です。本文のなかにある特定のシーンではなく、全てを読んで私が抱いた『感想』がこのラフでした。私は北国育ちですが、冬の明け方って本当に容赦のない冷たさなんです。白くて遠くて、やさしさが全然ない。そこに朝日が昇り始めて、陽の当たった部分からじんわり暖かくなっていく感覚ってすごく安心します。月並みだけど『希望』って言葉がぴったりだと思っていたので二人の旅を表わすのには 適切なセッティングかなと思いました。」

 

 

一ノ瀬「普段、じゅりさんはファンタジーの絵を描かれることが多いと存じますが、このラフにかんして特に苦戦したのはどういった部分でしょうか?」

 


じゅり「ほとんど描いた事がなかった バイクは技量的に大変でした笑 何台かバイクをみて回ったのですが、作中に出てくるモデルを持っている知り合いがいなくて ネット以上の資料がありませんでした。細部がよくわからなかったので詳しい方が見ると『何だこのバイクもどきは??』となるかもしれません。すみません……。あと構図がシンプルなので その中でどれだけ『ドラマ感』を演出できるかもちょっとした挑戦でした。」

 

 

一ノ瀬「それから、表紙を完成させていただきまして、拡大してまじまじと見てしまう程に素敵だったのですが、表紙について『ここを見てくれ!』とか『ここは特に力入れた!』みたいな部分はございますでしょうか?」

 


じゅり「そういっていただけると嬉しいです、ありがとうございます! ここを一番表現したかった、というところは先にちょっと触れた北国の白い夜明けと、そこに差し込む朝日の暖かさのコントラストだったのですが、上記の『ドラマ感』を出すために、最終的には大分青系に色を振ってしまいました……。最初のアイディアスケッチやラフではまだ白や灰色っぽいですね。」

 


一ノ瀬「私も作品を書くと何となく『この作品は何色だな』と思うのですが、書き終えた当初は『灰色』だったのですね。それがこの表紙を拝見して『ああ、違った、白だ』となりました。それも、何もないという意味合いの白ではなくて、仰られたような『光』としての白です。ヴィジュアルにおこしていただいて、自分の作品のイメージが変わったり、アクセントがついたりするので絵師さんとのやり取りは毎回楽しいです」

 

 

「ビネット」と「写真」をめぐる実験について

 

一ノ瀬「普通のラノベならば、ここに挿絵が入って……という話になるのですが、今回はそうならなかったですよね。本作ではビネットと呼ばれる、アメリカの古典的な書籍や児童書で見られるような表現方法(?)を用いています。私は当初、挿絵案を考えていた時に『今までのようにどこかのシーンを描いていただくのではなくて、シーンの継ぎ目を表わすようなものを描いていただきたいなあ』と思っていたのですが、じゅりさんがビネット案を持ってこられて『これだっ』ってなったんですね。本の合間合間にカットのような絵が入る感じで、それが最終的には『写真』というこの物語にとって重要なアイテムとなって具体化するのですが、じゅりさんが『ビネットでいこう』と思われたのは、どういうきっかけからなのでしょうか?」


じゅり「私は物語を読むと大体そのシーンが映像で頭に浮かぶのですが、今回はそれがシーンではなく、要素要素を捕らえた写真だったので深く考えず、思い浮かんだまま ポラロイド写真風にした絵でビネットはどうだろう? と提案しました笑『武蔵』の時ははっきり空気の湿度まで感じるような映像が思い浮かんだので、 これも一ノ瀬さんの描写のお力だと思います。」

 


一ノ瀬「ありがとうございます! 物語を作る時はシーンまでプロットを練ります。いくつか今回も象徴的なシーンは用意したのですが、どれも『この作品を表わすのに効果的か?』というラインで迷っておりました。そんな悩みもあったのでビネット案がうまくはまったのかもしれませんね。

 

それから、実は写真も何枚かこの作品には入っております。弥生さんが実際に被災地を訪れて撮影したものなのですが、これの加工もじゅりさんにお願いいたしました。見違える程に良くなったのですが、普段から写真の加工はやられるのでしょうか? また、本作に写真を入れようという私と弥生さんの案に対して、何か思うところと言いますか、感じたことはありましたでしょうか?

 


じゅり「普段は仕事の資料用に一眼レフをつかったり、携帯で撮った写真をアプリで加工する程度ですが、主題のみせかたや、 コントラスト、色味などの調整は 絵を描くのと同じ要領でPhotoshopを使ってやりました。良くなっていたと思っていただけたら良かったです~!

 

写真を入れると聞いた最初の時点では、それなら挿絵ない方がいいんじゃないかな…?と思ったのですが小説と実際の写真だけで構成されたお話を想像した時に、うまく説明できないのですが『温度が低い』と感じました。ビネットで私の絵もポラロイド風にした事で、実際の被災地の現在の写真、アルバムに集結される東北での旅のお話と全部一本の糸で縫い合わせる事ができたのかもしれません。」

 


一ノ瀬「絵としていただいたのは9点で、それをふんだんに使用した贅沢な本作ですが、じゅりさんの中で最初に『描こう』と思えたカットはどれでしょうか? また、『これには苦労させられたなあ』というカットもあればお教え下さいませ。」

 


じゅり「最初に描こう、と思ったのはコーヒーを飲む加菜さんの手ですね。実は小説の中では大幅に削られてしまったというシーンを元にして描きました笑 感想の部分でも述べたのですがこのお話はずっとコーヒーのにおいがします。苦労したのは ラーメン! 描きながらラーメン食べたい欲が高まって困りました。あと描きたいけど時間やページ数の配分なので描けなかったものは一杯あって困りました……。」

 


一ノ瀬「確かにコーヒーを嗜んでいる二人の場面、かなりありましたよね。随所随所で飲んでる気がしてなりません。実際、これはココアとか紅茶とかでも良いのですが、そんな発想は一度もありませんでしたね。加菜などは紅茶の種類まで割とこだわりそうで、蘊蓄も語りそうなのですが、バイクという設定の硬派さがそうさせたのかもしれませんね。

 

それから、一番描きたいと思って下さった場所を、私の方で知らずに削ってしまった大失態がありましたね。申し訳ないです。あの場面は確かに大切で気に入っていましたし、メッセージ性も強いかなと思ったのですが、この作品に突っ込むと何だか滑らかにならないんですよね。別のテーマを扱っていると言いましょうか。ですので、この作品の線を結んでいく点としては除外してしまいました。しかし、また別の作品で何らかの点となって作品の重要な一部になると思われます」

 

挿絵の可能性へのこだわりと多大なるじゅりさんのご助力

 

一ノ瀬「色々とお話を頂きましたが、じゅりさんはアメリカで色々と絵のお仕事をされていまして、アメコミやらアメリカのカードゲームが好きな私としては、実際に今年の五月に直接お目にかかった時、色々なお仕事の話を耳にして驚きました。そのように色々な形態の絵を描かれている中で、じゅりさんにとって小説の挿絵とはどういったものなのでしょうか? また特に気をつけたりこだわったりしている部分はありますでしょうか?」

 


じゅり「私は自分ではお話を作る事ができないのですが、小説に絵をつける時は『お話を絵にする』事を体験させてもらえるので 毎回とても楽しいです。上記の通り、小説は私が一番好きな媒体なので 小説を読むというご褒美つきのいいお仕事です笑 今後はもっと『お話を絵にする』タイプのお仕事を増やしていきたいかもです~。

 

こんな風にはしゃいで小説の挿絵をしていますが、挿絵をする時は『描きすぎない』事を心がけています。せっかく小説なんだから、読む人が一人ひとり 自由に想像する余地がある物がいいな、と 読書好きの絵描きとしては思うのです」

 


一ノ瀬「本の完成が迫った段階において、じゅりさんには作品についての表現について、様々な指摘を頂くことがありました。その節は色々とお世話になりました。『よく考えてみればそうだなあ』というような、私と弥生さんが気づかなかった部分まで読み込んでいただき、何度も恥をかかずに済んでいます笑

 

私も読者の想像力に委ねたいと考える場面は多々あります。ただ、作品には二種類あって、完全にビジュアルイメージ不要のものと、どこかで作品としてリードとなるビジュアルが必要なものとがあります。今作は完全に後者なのですが、それにしてもじゅりさんの本文から情景を読み取っていただく力が強く、最良の形で本作の印象を強力に引っ張っていただけたのだなと実感しております。本当にありがとうございました!」

 

 

インタビューを終えて


この度は無茶をお願いして、表紙イラストだけでなく作品全体のイメージ周りを固めていただいたじゅりさんにインタビューをさせていただきました。はいぶらりー、というよりHybridでは割と絵師と作家と弥生さんの三者で話し合い、その作品についてどういうイメージを持つかを話し合います。もちろん絵師さんにも様々な方が居ますので、仕事のやり方や進め方は違いますが、それも話し合いの上で決めます。二三度のメールのやり取りで全てが完了する場合もありますし、表紙のラフを描いていただくまでにかなりイメージの共有ではありませんがメールやチャットでの話し合いを進めることもあります。

 

今回のじゅりさんの場合は、インタビューでも仰っておりましたが、本文をとにかく読み込んで絵にして下さる方なので、こちらから特に指定は出さないんですね。描いて欲しいシーンの希望は一応出すのですが、じゅりさんが描いてみたいと仰って下さって提出していただいたものが結局は一番素晴らしいんです。個人的には「そこ!?」と思うシーンも絵にして下さるのですが、よくよく考えると「アリだな」となることもしばしばでした。本当はもっとラフをいただいておりますし、お見せしたいのですが恐ろしい長文記事になってしまうので限定させていただきました。

 

『私たちのバイクの旅と、ささやかながら与えられた救いについて』もかなり感想が集まって参りました。全体的に内容よりもビジュアルにかんする言及が多い気がして、何となく複雑な気分です笑 それでも、やはり自分たちで作り上げたという実感がありますから、どこを評価していただいても喜びしかありません。

 

今回のセルフパブリッシングからまた一つ考えたことがあって、それが「ビジュアルを含めた自作のセルフプロデュースについて」です。小説を書く身としては何となく自分の文章だけで勝負したいという考えもあります。そして、その結果苦い経験をして、何らかの方針転換を迫られる場面もあります。もちろんそれでも文章一本で行くという選択肢もありです。私も色々と痛い思いをしてきていますが、それでも機会があればビジュアルに一切頼らない、純粋な読み物としての小説を書いてみたいです。

 

ただ、電子書籍での出版には印刷代がかかりません。だからこそ、色々な所に資金が回せるはずです。編集を雇ってみたり、絵師さんにイラストを頼んでみたり、いわばセルフプロデュース作品ができます。ゲーム製作の場面では割と一般的な発想のような気がしますが、この界隈ではあまり流行していないように思われます。

 

別に出版社だけが絵師に仕事の依頼ができるなんてルールはないんですし、個人も資金があるのならばどんどん絵師さんに仕事を依頼するべきだと私は思います。受けてもらえるかどうかは別ですが……。最低限の礼儀とマナー、そしてなるべくなら高額でのオファー……そうなってくるとノウハウが欲しいところですね。そういった知識を持っていらっしゃる方は情報を本にしてみるのも良いかもしれません。『セルフパブリッシングにおけるプロデュース方法』みたいな。

 

こういった電子書籍出版の考え方は「利益をとにかく出す」というよりは、自分の作品を目一杯楽しむという方に比重がいくのかもしれません。プロジェクトを動かして、とことん「作品発表」について追及してみる。この挿絵のイメージはどうなんだ、このイラストはどこに入れるのが良いんだ……。

 

……助詞が……ヒロインの髪型が……


「ここの表現、おかしくない!?!?!?」


そういうやりとりをするのは……とても……楽しいことです。
勉強にもなります。
ぐす……何のだろう。


私ははいぶりの土台があったので、そのやり取りがスムーズにいきました。参加者がもう何年も続いている付き合いですしね。その点についてはラッキーだったと思っております。

 

ただ、「出版」のハードルが下がった分、資金をより自分の作品に使える。他の人を巻き込んでより大きなことができる。そのことを知っていただきたくて、今回はじゅりさんとのやり取りを振り返るという形でインタビューをさせていただきました。どうもありがとうございました!

 

 

最後に書いておきますと、絵師さんにも様々なタイプがおられます。私も数名の方とやり取りさせていただきましたが、同じやり方で進めたことは多分無かったと思います。こっちからリードするのが良いのか、それとも向こう主導でやっていくのが良いのか……。本当は作家と絵師さんの間に編集さんが入っていただく形が一番良いのですが、編集に徹することのできる方が何人居るのか、というところです。なので「捨て編集者」を見かけたら丁重に保護です! というのは冗談にしておいて、人付き合いに正解がないのと同じように、プロジェクトの進め方にも正解はないのだと考えます。ただ、ベストは無くてもベターは存在する。ですので、ネットや何やらで調べて、ベターな道を探し続けるのが無難かと思います。

 

ツイッターでも絵師さんとの付き合いについてはたびたび取り上げられておりますし、ご興味のある方は一読されるのも良いでしょうね。

 

そして、恐らく弥生さんかどなたかが何らかの形でノウハウを示して下さるでしょう。いつか……きっと……。ビジネス書か何かで……。

 


という他力本願で締めたいと思います。

 

 

私たちのバイクの旅と、ささやかながら与えられた救いについて (Hybrid Library)

私たちのバイクの旅と、ささやかながら与えられた救いについて (Hybrid Library)

 

 

 

 

 

↑こだわり抜かれたイラストと写真のコラージュ的表現と共に、本文もお楽しみ下さい! 

 

 

 

 

Amazonギフト券- 印刷タイプ - Amazonオリジナル

Amazonギフト券- 印刷タイプ - Amazonオリジナル

 

 

こういうアマゾンギフトカードをコンビニで買ってきて、後はAmazonのアカウントとアプリがあればパソコンでもスマホでも読めます。

Amazonでよくお買い物する方はポイントで買えちゃったりもしますよ。